タムとシンバル
タムは、オープンハイハットのように、
フィルインに使うことが多いと思います。
シンバルについては、サビの一発目や
曲の最後に使うことが多いと思いますが、
早い曲で曲の途中に使うと、
その間ハイハットが刻めないので、
ある程度スローな曲の方が、
曲間での使用には適していると思われます。
普通は、シンバルと同時にバスドラムも踏みますので、
同時にバスドラムの音も発音できればベストです。
タムもシンバルも、多用するとウルサイだけなので、
ここぞと言う時に使いましょう。
ここでは実際のビートに乗せてやってみます。
REAL WMV
再生 再生 タム その1 声を出して「トゥン」と言う。
ただ「トゥン」と言うだけですが、「トゥ」の部分を短く切り、
口を閉じて鼻から「ン」と余韻を付けます。
タムその2 として、声を出して「トゥクトゥクトゥン」
と言う方法もありますが、管理人は苦手なので、
公開は控えております。(いつか上手くなったら...)
REAL WMV
再生 再生 タム その3 声を出さずに「トゥ」と言う。
「タム その1」では、どうしても声っぽくなるので、
「スネアドラム その2」の発音をしています。
タムらしさは無くなりますが、「おかず」にはなります。
REAL WMV
再生 再生 シンバル 「ブシィー」又は「ボシィー」又は「ドシィー」
「スネアドラムその1」の要領で発音します。
曲間で使用する場合、最初の発音(ブ・ボ・ド)は、
バスドラムの発音に合わせるのがいいでしょう。(ドは難しい)
声を出すか出さないかも、バスドラムによって変わります。
「バスドラムその2」の場合、シンバルとの同時発音は
難しいと思われますので、曲間でシンバルを使用する場合、
バスドラムは「その1」か「その3」がお勧めです。
リズムへ戻る ボイパメインへ戻る 音源へ