アカペラに音響機材は必要か?
アカペラにとって、音響機材は必ずしも必要なものではありません。
しかしながら、ベースやボイパにとっては、助かる存在だったりします。
超至近距離からマイクで得られる音には、低音が多く含まれます。
これは「接近効果」と呼ばれ、普段は厄介な存在です。
ボーカル用マイク等は、この接近効果を多少考慮してあります。
実際にあなたの発した声がご自身の耳に届くまでの間には、
既に低音部がかなり減衰している訳です。低音というのは、
それほどまでに伝達効率の悪いもので、ゆえに、
低音を出したいパートには、強力な武器であると思います。
楽器を使わないだけに、機材は演奏に大きな効果を与えるでしょう。
お値段は、いかほどでしょうか?
ハッキリ言って、ピンからキリまでありますが、
工夫すれば3万円以内に収まる可能性もあります。
6人のグループなら、この場合1人5千円以内ですので、
呑みに行くのを2回我慢すれば買えるかも...
(呑まない人に付いては省略させて頂きます)
オークションに出品されている中古の機材も結構ありますし、新品を買うなら国内最低価格保証付きのサウンドハウスもオススメです。 サウンドハウスのウェブサイトへ
メニューを選択して下さい
音響機材とは マイク ミキサー リバーブ スピーカー パワーアンプ その他 プラン
ホームへ戻る