あると便利なエフェクター
お題の通り、無くてもいいものですが、
あると非常に便利なエフェクターを紹介してみます。
予算に余裕があれば、加えてみてはいかがでしょう。
グラフィックイコライザー
通称「グライコ」と呼ばれています。
主にミキサーとパワーアンプの間につないで使用します。
マイクとスピーカーの間で音が廻り、「ピー」音等が出る
ハウリングと呼ばれる現象を抑え、全体の音質を改善します。
使いこなすには、少々慣れが必要かも知れませんが、
新型のフィードバック検知システム付きはなかなか良いです。
BEHRINGER FBQ3102 31バンド×2ch フィードバック検知付き
参考価格 \18,286- 2004/12 現在の価格

中古も時々いいものが安く出ています。
この場合、ステレオ(2ch)タイプをお勧めします。
モノラル仕様は、同じ物が2つあったほうが使い易いのですが、
モノラル2台セットを探すのは、やや困難だと思います。
Yahooオークションイコライザ価格順
コンプレッサー&リミッター
こちらも主にミキサーとパワーアンプの間につなぎます。
過大な入力に対して、出力を制限する役割があります。
ミキサーの各チャンネルにインサーション端子があれば、
チャンネルごとに接続することも出来ます。
ボイパの音量にムラをなくしたり、
アタックを強調させることが出来ます。
BEHRINGER MDX1600  2ch仕様
参考価格 \12,600- 2004/12 現在の価格

中古で安いものを探すのは難しいかも知れませんが念の為。
Yahooオークションコンプレッサ価格順
マルチエフェクター
この手のエフェクターはハッキリ言って「おもちゃ」です。
普通PAでは使わないエフェクターですが、
いろんな効果を掛けることが出来るので、あれば便利な時もあります。
上写真は、かなり古いモデルですが、オークションで\3,000-くらいでした。
ディレイ、コーラス、フランジャー、グラフィックイコライザー、エンハンサー、
オーバードライブ、リミッターの7種類のエフェクトが可能です。
エレキギター用のマルチエフェクターは、音が歪みやすい場合が多いので、
ベースギター用かアコースティックギター用のほうが、いいと思います。
現行のデジタルマルチエフェクターなら、更に多くのエフェクトがあると思います。
お手頃な価格で手に入るモデルもありますので、ちょっと魅力です。
※「現在の価格」は楽天市場内へのリンクです。
パワーアンプ選びへ戻る 音響機材メインへ戻る いちばん安いプランへ