最後にパワーアンプ選び
パワーアンプ選びでいちばん重要なことは、
スピーカーの容量を越えないほうが、絶対にいいです。
小さなスピーカーに大きなアンプをつないで使用すると、
スピーカーが故障することがあります。
(ちゃんと使っていても故障はしますが...)
リミッターという装置を使う方法もありますが、
出来ればスピーカーに合ったアンプを選びましょう。
もちろん、家庭用ステレオのアンプでも、
150W以上の物であれば、結構使えます。
ミキサーやスピーカーにアンプが内蔵されている場合は、
パワーアンプが無くても音が出せます。
中古の業務用パワーアンプ
業務用のパワーアンプは非常に高価です。
中古でもなかなか安く入手することは難しいかも知れません。
上の写真は、「YAMAHA MX101」というカラオケ用に作られた物で、
DSPとセットで中古が1万円でした。総合180W、4ch仕様ですので、
個々に4つのスピーカーを、これ1台で駆動することも出来ます。
この手の物が時々出ていますので、気長に見ていれば、
業務用パワーアンプも安く入手出来ると思います。
Yahooオークションアンプ価格順
PA用ステレオパワーアンプ
新品の安いものは、どれくらいの値段なか調べてみました。
最近のものにしては重くて大きいのですが、価格は魅力です。
AMERICAN_AUDIO V1000PLUS  170W+170W(8Ω)
参考価格 \27,800- 2004/12 現在の価格

125W+125W(8Ω)の PHONIC XP600 等もあり。
※「現在の価格」は楽天市場内へのリンクです。
スピーカー選びへ戻る 音響機材メインへ戻る あると便利なエフェクターへ